みなさまこんばんは。

上京してから現在までずっと横浜から離れていたところにすんでいるものですから、昔から横浜というとちょっと憧れみたいなものがありまして。

まあ、行くとしてもほとんどが中華街が目当てでいっているのですが。

明日横浜にいくぞーとなると、新しい靴で横浜に降り立ちたいと無意味に靴とか新調してみたり。

ガイドブックに赤ペンで行きたい店○つけたり、行きたくない店×つけたり。

何度も同じメニュー見てニマニマしたり、足を折りたたんだちゃぶ台をテーブルの上に乗せて回転テーブルにみたてて練習してみたり。

やっぱり、丸くないと雰囲気でないねーなんて笑いながら、荷物の支度して。

電車の乗り換えのシミュレーションを何度も繰り返し、横浜についたらせーので右足で降りようねーなんてよくわからない約束してみたり。

万が一お財布を落としたときのために、靴下の中に一万円忍ばせてみたり。

甘栗の試食があるから殻を割りやすいように爪はあんまり短くしないほうがいいよねーっていいながら定規をあてて爪切ったり。

少しでも長く横浜に居たいから、朝の着替えの時間も惜しんで翌日出かける格好のまま布団に入ったり。靴も新調してるから履いたままで。

でもなかなか寝付けなくて。

それだけ予習ばっちりで行く店も決めているのに、いざ中華街に着いてみると

「中華料理食べ放題全128種、1980円」みたいなでかい看板にそそのからされて、赤ペン走らせたガイドブックも全無視で入っちゃって、結果まったく美味しくなくてがっくり肩を落として家路に着いていたぽんけです。

帰りの電車で爪の隙間から香る天津甘栗の皮の香りを嗅ぐと切なさが増すんですよねー? 同じ経験したことあるひとのみいいねをクリック!

まあ、そんな目にあっても次行くと今度は2480円の店に入ってやっぱりがっくり肩を落として家路に着く羽目になるんですけどね。

今思えばその頃から食べ放題が好きだったのかもしれません。

そんなダメダメな中華街を経験してきた私からの教えは、美味しい中華を食べたかったら、食べ放題ではないちゃんとしたお店に入り、好きなものを頼もうです。

さて、そんな苦い経験をしつつ、今まで行った横浜の回数をここ1年足らずで更新してしまいました。そう、ソマーハウス。この店を知ったために。

家から遠方すぎですし、値段も安くはないし、予約だって取りづらい。

それでも通ってしまう魅力を知ってしまいました、私にとってはンマーハウス。

 

今回もまったく関係ない話題でうまくひっぱれました!

そいうわけでその5月の記事でございます。

アメブロの大先輩であります、浜の女神様と同じネタで恥ずかしくやりづらいのですが、手持ちでまだ傷んでないネタはもうこれしかありませんで(T_T)

おなじここの4月の苺ジャーニーファイナルの記事もまだアップしてませんでした。

それらにつきましては、新鮮なネタを握りつくした後で、酢でしめてからアップしていきたいと思います。

 

さて、女神様のブログの最後で語られておりました、今回のフランスフェアの初日。

実は私達が伺ったのはその初日でしたので何がおきていたかについても触れながらご紹介していきたいと思います。

 

さて、まずは軽食コーナーから

 

サラダの写真をそういえばここで初めて撮った気がします。

いつも食べないんですよね。ギリギリまで甘いのをいれたくて。

 

浦和のラ・モーラでもあるパン耳揚げ砂糖まぶし(正式名称不明)

美味しいんですよね。ただ、これから抜け出せなくなりこれのみで終わる危険性もありますので、どこかで断ち切れる勇気のある人以外は手を出してはダメです!

 

ここの裏メニュー人気ナンバーワン。

通称ポンサンド作成用の具です。

ポンサンドの作り方は当ブログの過去記事にかいたようなきがするので、ご興味ある方はさがしてみてください(笑)

いつもの玉子がなく、代わりにツナ登場。

玉子もツナも食べたいので両方ってわけにはいきませんかねえ。

スペースがなかったらケーキ1つ無くしてもーー、良くないな。

 

いつものポテト、超美味しいスープ、おかゆなどはいつもどおりでしたので省略して、お待ちかねスイーツコーナー。

 

苺のショートケーキ

相変わらずビジュアルは最高なのですが、自分の中で一番好きなショートケーキではないんですよね。もちろん美味しいんですよ。でも、フォーシーズンズカフェとかもっと美味しいショートケーキと比べてしまうと物足りなく感じます。

 

オペラ カフェバナーヌ

コーヒーとバナナのケーキ

 

オペラなど濃厚チョコ系は嫌いではないんですが、重いとあっという間に胃袋が白旗をあげてしまうのですが、ここのはかるーい口当たりのいくつでも行けるタイプでした。パリパリチョコ系ではなく、やわらかしっとり系。

この日はバナーヌことバナナの風味もしっかり感じられたのですが、日によってばらつきがあるのでしょうか?

 

苺のミルフィーユ

こんなの見たこと無い! さすがソマーハウス。

一般的なミルフィーユをあえて倒し、通常側面である部分を上にもってきてからのく生クリームON!

パイサックサク。中のカスタードと生クリームをそれぞれの方向から味わえ、最終的に口の中でドッキング。

カスタードはイケメンクラスメイト(♂)で、生クリームが学校に遅刻しそうで朝ごはんの苺を咥えたまま走ってきた、ちょっとおっちょこちょいだけど、ルックスはかわいいイケメンクラスメイト(♂)の幼馴染の女の子が、パイという壁を挟んで出会い頭に衝突するという寸劇が口の中で繰り広げられます。

 

パリブレスト

この子この日のナンバーワン!

皮はパリっとしてないですですが、具とクリームが美味美味!

というか、パリッとしたパリブレストっていうのは私はニューオータニのスイーツコレクションでしか出会ったことがなく、しなってんのがデフォかとおもってましたが。パリブレストのパリはパリッからきたものではなく、フランスのパリのことでしょうか。

でもこれでパリってたらなおのことよさげでした。

中のクリームは濃厚なアーモンドクリームにキャラメリゼされたアーモンドがたっぷりと。

このアーモンドがとくに良く。小さい頃もらって食べた明治アーモンドチョコレート。当時はとても自分の小遣いでは買えない高価なチョコでした。

現在の貨幣価値に換算したら軽自動車くらい買えるかもしれません。

小さいながらも、そのチョコが高価だって知っているものですが、1粒1粒を大事にいただきます。1粒口にいれても噛みません。噛んだらすぐなくなってしまうので。

口の中に入れた明治アーモンドチョコレートは体温の熱で周りのチョコレートが溶けてしまいます。しかし、普通のチョコならそこでおわりですが、そこはさすがの明治

アーモンドチョコレート。チョコがなくなってもアーモンドが残ります。

それもただのアーモンドじゃなく、周りにちょっと甘い層がまとわりついてるじゃないですか。それはなかなか溶けず、ずっと甘いのでその状態で、1粒につき最低3日は楽しんでた気がします

その時の甘いアーモンドのようなものが砕かれてたくさん入っている感じ。

もう当時の私からしたら軽自動車食べ放題。歴代パリブレの中でもトップクラスに気に入りました。

 

アルモニー

チョコレートとジャスミンのケーキ

いわれてみれば、たしかにマテンロウのアントニーに見た目が似ている。

肌の色とかそっくり。あ、よくみたらアントニーじゃなくてアルモニーだった。

 

実は早々に品切れて食べられず、諦めていたら最後の最後で復活してありつけた軌跡のケーキ。

滑らかのチョコのムースのあとにけっこう強めのジャスミンが香る初めてたべるタイプ。なんかこう書くといまいちな感じに伝わるかもしれないんですが、美味しんですってば! 最後のジャスミンが爽やかなので満腹でもちゅるっといけました。

 

タルトシトロン

 

今回はここでの楽しみのひとつでもあったフルーツのタルトがなく、グリコのコロンの親分みたいなタルトでした。

似たようなのをこれまた痛ませたまままだアップしてないニューオータニ幕張のスイーツコレクションでもみかけましたが、このタイプ流行っているのでしょうか。

果実はないですが、鮮烈なレモンのクリームが刺激的です。目が覚めます。高速運転中にひとついただきたい。

 

サクリスタン

サックサクのパイです。表面は甘いです。

ロッテパイの実の表面の部分を超豪華にした感じです。

見た目地味ですが、美味しかったです。

今気づくとさっきから全部例えはお菓子になってますね^^;

貧乏舌バレバレ(T_T)

 

 

クレームダンジュ

美味しすぎてついつい食べすぎて太っちゃって、食べた人が男女問わずクレームをいれるというのが語源かどうかはしりませんが、天使のレアチーズケーキ。

あえてお菓子以外のでたとえるのであれば、すかいらーくグループの回転寿司、魚屋路で味わえるクレームダンジュに近いです。

回転寿司って馬鹿にするなかれ、味も値段も高級回転寿司に属しますし、そこのクレームダンジュほんとに美味しいんだから。1個380円くらいしたとおもうので、立派なお値段。あちらは中にベリーソースが仕込まれておりますが、こちらは自分でかけていただきます。

 

サラダフリュイ

いつもありますが、いつも食べ忘れちゃう。

フルーツポンチなんでしょ? あとあとといってるあいだに忘れてしまいます。

今写真みてたらすんごい食べたいんですけどね。食べておけばよかった。

 

続きましてグラスコーナー

 

ナンシー

以前、別のフェアでもみかけた、ひとくちサイズのチョコケーキ。

ガトショ系はどこでたべても食べた時点でほぼ私の胃が終了してしまうのですが、このサイズなので1個くらいなら終わりません。

上のクリームが食べ安く手伝ってくれますし、なにしろ美味しいのですから。

ナンシーオイシー

 

奥から

ジュレマンダリーヌ

マンゴープリン

ショコラカシス

クレームカラメルパンプルムース

 

ジュレマンダリンはほぼ液状。酸味強め。

マンゴープリンも緩め、マンゴー風味弱め、タピオカ入り

ショコラカシスはあわあわショコラにわずかなベリーソース

クレームカラメルパンプルムースは要するにプリン

 

ブリュレ

上の層は薄氷。スケート靴履いて片足おいただけでパリンッ! 

ズボーン、ガチガチガチ。

要するにプリン(笑)

 

フランボワーズのマカロン

種類の少なさをディスプレイ変えて二箇所に設置してかさあげ?

棒にさしただけで神々しく見えるから不思議。

 

これを持って目にあてて、ナンシーをCに見立てて、

視力検査ごっこをするのが正しい楽しみ方ではありません。

マカロンは棒に刺さったマカロンってかんじでした。

フランボワーズ感はあまりなく、マカロンの食感と甘さが支配

 

写真みてこんなのあったんだーと思い出すくらいで、食べてませんし、メレンゲ?

名前も失念

 

実演コーナー

ガレット

シンプルな玉子とチーズとベーコン

 

ペニエ・ア・ラ・クリーム

コレも楽しみのひとつでした!

名前は難しいですが、ミスドのエンゼルクリームの豪華版を揚げたてでいただける感じ。あっつあつふわふわはふはふ、クリームとろーなかんじ

 

ところが、この日、実演開始後の油の温度が上がらないトラブルがあったようで

油の温度が上がらないと揚がらない

開始直後から長蛇の列。あまりに挙がらないので諦めて変える人続出。

私はせっかくならんだので待っていると、目の前の人が大量に持っていってしまい、最後の一個に。大事に大事に味わいました。

最終的にはあまりまくってましたけどね(笑)

供給が追いつくよりも先に、みんな満腹になって需要が減って残るパターン。カフェコム津田沼現象。

 

というラインナップで、普段よりケーキの種類がかなり少ない印象。

とはいえ個々の味はさすがで、不満は感じなかったです。

 

ただ、この日の初日は圧倒的に用意されていたケーキが足りなかったです。

いつもより客数が多すぎるとか、いつもよりよく食べる人ばっかりだという理由では決して無く、明らかに準備されていた数が足りてませんでした。

オペラは30分も持たず早々にリタイア。

次々に撃沈していき、ビュッフェ台にパイの実の皮とジャンボコロンしかない時間が多数。

その後、奥で調理して出来たてをもってきてくれるも、最初の1/3以下のミニサイズだったり、ホールではなくカットを丸く並べたものだったり、あきらかに動揺がみられました(笑)

圧倒的な共有不足から、いつもなら喜んでやってくださる厚めのカットなどのオーダーも不可、クレームダンジュなども私はいつものようにセルフでとってしまいましたが、後からセルフはNGになったようです。

 

この日、パシフィコ横浜で第50回ADB(アジア開発銀行)年次総会があり、その後の食事などを周辺のホテルが担当していたようなので、そちらの準備に人員を割かれて事前にケーキの数を用意できなかったと思われます。

調べたら各国からの来場者は総勢5000人とのことでしたので、厨房は戦争だったと思われます。

こちらの接客も素晴らしいことは何度も体験しておりますし、最終的には少ないながら全種復活させてましたし、私も全種たべれましたし、無くなったものを待っている間にあるものをいつも以上に食べていたおかげで結果的にいつもより食べていたので大きな不満はなかったです。

 

とはいえ、今回ウチの家族もそうですが、ご一緒させていたいた方も初ソマーだったのでそのタイミングが今回だったのはちょっと残念だなーとは思いました。

 

と、なんとなく〆の言葉みたいなことかいてしまいましたが、実食編がまだでした(笑)

 

これがポンサンド(ツナVer.)です。

今回もいい仕上がりです。」

 

グラス系はいつもすぐなくなるので集めましたが今回グラス系はがんばってました。まさかケーキがなくなるとはおもわず(笑)

 

この3種が鉄板でしたねー。いつもはリピする余力はないのですが、今回ラインナップが絞られていたぶん、お代わりできました。そういう意味でも種類数による不満はなかったです。

 

ダンジュ7人夏物語

このビジュアル魚屋路にそっくりです。あちらは木綿にくるまれてるので表面の木綿模様もいいのですよ。

 

小悪魔ナンシー

小さくても破壊力は抜群

 

グラタンはいつもどおりアッツアッツが提供

すぐにがっつくと口の中が炎上。

 

ケーキたちの大半が消えたときのお皿(笑)

さすがにちょっと寂しいですね。

 

 

諦めてペニエ・ア・ラ・クレームでフィニッシュしようとおもっていたところ、食べれなかったものが登場。結局両方たべることになり、いつも以上につめこんだ。

でもアントニーがさわやか系だったので助かりました。こうしてみると中の層みごとですね。

 

この日は11回目の私達夫婦の結婚式記念日(式を挙げた日の記念日(笑))だったのでプレートを用意していただきました。

ほんと偶然だったのですが、今回ご一緒させていただいたご夫婦の方が翌日12年目の結婚記念日ということでプレートを用意してもらうのにあやからせていただきました(笑)

私達より若いご夫婦ですが、夫婦としては1年先輩でした!

 

プレートは子どもたちがやっつけましたが、まさかのショートケーキとナンシーの追加に満腹の胃袋を苦戦しましたが、全員協力の下美味しくいただきました!

 

ちなみに嫁さんへの設定では私もここへ来るのが初めてということにしてたのですが、ついつい先輩風ふかせて「ここのケーキが一番うまいんだよ」とかぽろっといって訪問済みなのがバレ、「いつも横浜のお客さんのところ行くってここいってたの?」とつっこまれてタジタジ。

近くにお客さんの会社があるのでいってるのは本当なのですが、ここの予約とってからアポとってるんですけどね(笑)

その他、私の嫁さんより私の行動を熟知している、ご一緒させていただいたご主人様が、私がインフルエンザになってOZIOいけなくなったことや、どこでインフルエンザもらってきたかという話になり、嫁さんが「池袋でしょ?」というとご主人様が「ああ、お芝居みにいったときだ!」と叫び、その日は友人と飲みに行く設定で出かけていたのもバレてしまったり(笑)

今回学んだ格言としては、本来と別の設定ででかけるのは止めましょうということでした(笑)

ちなみに別に悪いことしてるわけじゃないんですけど、子供が行けないライブやお芝居にひとりでいってくるのがちょっと罪悪感あるなーって感じななのです^^;

 

というわけでこの品数でこの文字量になってしまうと、テラスの時が怖くてしかたがないので、書いていると長くなる病をなんとかしたいと思います。

いい薬どっかに売ってないですかね?

集計は3,500円くらいかなー?(笑)

すみません、これも後日ちゃんとやります。

 

本日のきなこ

この季節になるとひんやりした場所を探し求め、伸びてびったり。

猫のくせに暑がりです。

 

 

それではいつも最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

次回の記事でまたおあいしましょう。

 

 

AD

コメント(13)